*Little Home*

シンプルにナチュラルに…風通しのいい暮らしを♪
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 50cmの移動と届いたもの | main | キッチンでiPhoneを使う時 >>
# 育てる責任
DSC02249.JPG

何かを育てるということが苦手な私が
家のことに向き合うようになったころから
なんだか…育てることができているみたいです。

このウンベラータを買った時も
すぐ枯らしてしまうんじゃないかとすごく不安でした。
でもそんな心配をよそに続々と新しい葉っぱが
誕生しようとしています。

こんな私でもどうにか絶やさずにここまでこれたんだけど…

DSC02248.JPG

新たな葉が誕生する代わりに
下の方の葉っぱが枯れて落ちていき
こんな様子に…。

これってどうにかしないといけないんだよねぇ?
と調べてみたら樹形を整えるための方法があったので
やってみることにしました。

取り木という方法。
幹の周りの皮を剥ぎ取り水苔を周りに巻き
さらに乾かないようにラップも巻いてそのまま2〜3週間。

DSC02250.JPG

水苔の中に根が出てきたら切り取り鉢に植え替えます。

ちょうど今日で3週間経ちました。

DSC02445.JPG

ちゃんと根が出てくるんだぁ…。
参考にさせてもらったサイトの画像はもっと根が出ていたので
もう少し待ってみようと思います。

この3週間でもどんどん葉っぱが増え…

DSC02444.JPG

これからますます成長できることに
期待を膨らませているよう♪……に見える…^^;

自信なげに買ってきたエアプランツも
今のところ順調…^^;

DSC02439.JPG

しっかり育てたいと思います。


タイトルの育てる責任。
本当は別の記事を書く予定でした。

私は季節の変わり目に
不思議と月日の流れの早さを実感するようです。
私の暮らしに大きな変化はないけれど
娘はその季節ごとの行事を楽しんでいるようです。
気の合う友人たちに囲まれ
思い出をひとつひとつ重ねています。

流れた月日の中で娘のことではよく悩んでいたような…?
と思ったら
3年前の7月の記事に娘のことが書いてありました。
あれから3年も経つのかぁ〜

元々書こうと思ってた別の記事は
『続きを読む…』からにしました。
お時間があったらのぞいてください^^

今日も見に来てくださってありがとうございます!
↓ クリックしてもらえるととても嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ
にほんブログ村



 
娘が高校進学の際、私はとても悩んでいて
一足先に子育てを終えた友人に相談したことがありました。

彼女のところは男の子。
私が悩んだように彼女は彼女のいろんな事情があり
頭を抱えた日々があったとのこと。
その時彼女は息子さんを高校に行かせないという選択をしたそう。
もちろん簡単な決断ではなくここにたどり着くまでのいろんな思いがあり
それを私はここで語ることはできないけれど。
この本気の決断に息子さんはこれまでに見たことないほど
長い時間悩み、その上で「高校に行かせてほしい」と
彼女を説得しにきたとのこと。

悩んでいる様子をずっと見ていた彼女は
高校時代の思い出を作る機会を与えるということも
母親としての責任なのかもしれないと思い
話し合って高校に進学させたとのこと。

高校に行くなんて当たり前とも言える時代に
当時中学3年生の息子さんは
高校に通い卒業する意味とか価値とかを
一生懸命考えたんだと思います。

息子さんは無事卒業し
立派な社会人となり そして父となりました。

あの時、彼女にそんな相談をしていた私にも
娘を社会に送り出す日が刻々と近づいてきました。
季節の変わり目に時間の早さを感じるとともに
そんな思いを実感します。

子供を育てるということは
ただ朝昼晩のご飯を食べさせ
学校に行かせるだけではなかったです。

性格のこと
周りのお友達との関わり
進路のこと

仕事仕事でろくに子育てをしてない私ですら
振り返ればいろんなことを考えあらゆる方法を取り入れ
娘に関わってきたと思います。

悩んだ時に忘れないようにしていたことは
子育ての目標は社会の役に立てる人に育てること。
昔読んだ本の中の一節です。

政治家だとかお医者さんだとか
そんなそんな大きなことはとても望めないけど
ただただ当たり前に社会人として世に出て
人から「ありがとう」と言ってもらえる仕事が
できるようになってくれればそれでいいと思っています。

娘にとっての幸せが何かを私が決めることはできないけど
成長の先に、多くの方に囲まれ 人に信頼され
いつも笑っていられるような女性になってほしい。

そのために私にできる限りの言葉を伝えてきたつもりだけど
当然私は私の経験以上のことを伝えることはできません。
だからこそ私も娘もお互いにこれからまだまだ多くのことを学び
成長していけたらこんな幸せなことはないと思います。

メッセージを送ってくださる方の中には
子育て真っ最中のママも多くいらっしゃって
いろんな悩みや思いを綴った言葉を読むたびに
その当時のことを振り返ります。

本当に私はいい母親ではなかったと思うけど
それでもここまでこれました!

一人の”人”を育てるというとても意味のある時間を
私たちは与えてもらったんだと思います。

いろいろあったけど
いまとなっては大事な思い出。
ブログを始めたのは最近だけど
それでも3年前の記事を読んであらためて
ブログやっててよかったって思いました^^

この日の記事もまたいつか読み返すかもしれませんよね。
またその時まで1日1日の暮らしを大切にしよう!

…って午前中全然身体が動かなくて
だらけてたんだけどね…^^;


 
| - | trackbacks(0) | 16:14 | category: □ 暮らしのこと |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:14 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://littlehome.jugem.jp/trackback/896
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
my favorites
リードディフューザー


キッチンペーパーホルダー


バスケット


wish list


Search this site
Sponsored Links